ワックス脱毛 ブラジリアンワックス  Q&A

カウンセリングは無料ですので、この他にもご心配な点がございましたらお気軽にご相談下さい。

ワックス脱毛の特徴は?

ワックス脱毛は、永久脱毛ではございません。
ローションとワックスを使い、スキンケアをしながら、毛根から毛を取り除く処理方法です。
他の処理方法に比べ、ムダ毛が生えてくる周期を遅らせることができ、施術後新たに生えてくる毛は柔らかく細くなっていきます。
また、機械脱毛や、シェービングなどの自己処理後にありがちな、黒くポツポツしたあとも残らず、色素沈着や古い角質なども取り去るというメリットがあります。
一度の施術で、はっきりとした脱毛効果が現れ、美白効果が高い方法です。継続することで、徐々にむだ毛が薄く、目立たなくなりますが、今後ずっと生えてこないという脱毛ではありませんので、お客様の状況に応じた施術が可能です。

毛はどのくらいの長さまでのばして行けば良いですか?

2~3ミリから脱毛が可能ですが、短すぎるとワックスに毛が絡まず、すべてを取り除けない場合がございます。
5ミリ以上が理想ですので、長い毛は切ったり剃ったりせず、そのままでご来店ください。はえている毛の量が多い状態でご来店いただくことで、多くの毛を取り除くことができます。

通う頻度はどのくらいですか?

気になる毛が増えてきだした頃が、次回ご来店のめやすです。毛量、毛質にもよりますが、だいたい3週間くらいです。
通われるうちに毛が細くやわらかくなり、量も減っていきますので、ご来店の間隔はどんどん開いていきます。

痛みはありますか?

個人差もあり、部位や毛量によって異なりますが、太く固い毛、産毛でも密集していたりすると、痛みを感じやすいかもしれません。
施術箇所によっても、痛いと感じないところもあれば、痛みを感じやすいところもあるようです。また、女性より男性が痛みを感じやすいようです。
初回は毛量が多いため、痛いと感じる方もいらっしゃいますが、脱毛後のツルツル状態をご覧になると、耐えられない程の痛みではないようです。
繰り返し脱毛することで毛が細くなり、生えてくる毛も少なく、まばらになっていくため、回を重ねるごとに痛みは軽減されていきます。

埋もれ毛も脱毛できますか?

埋もれ毛はローズスクラブを使って優しくマッサージをしたあと、施術をいたします。ただし、一度の施術で全ての埋もれ毛を改善できるわけではありません。
また、次の埋もれ毛を増やさない為にも、施術後のお手入れが重要です。
ローズスクラブほか、お手入れ用品については店頭販売もいたしておりますので、ご自宅での埋もれ毛対策も可能です。

施術後に注意することはありますか?

施術後のお肌は敏感になっていますので、鎮静を心がけて下さい。
お顔の場合は当日のメイクを控えていただき、ボディの場合、当日のご入浴は避け、シャワーのみにして下さい。また、その際は脱毛箇所をナイロンタオルなどで擦らず、優しくお湯だけで洗ってください。つるつるになるので、触りたくなってしまうのですが、施術箇所をむやみに触らないでください。
施術後一週間ほどは、日焼け、海水浴、岩盤浴、サウナ、温泉、激しい運動、マッサージなどの血行をよくする行動は避けていただくようお願いしております。
脱毛後は赤み、ヒリヒリした感じが出ることがありますので、鎮静期間をとるために、大事なご予定の一週間前までにご来店ください。

子どもでも脱毛できますか?

当店で使用するワックス、その他のローション等は、従来の雑貨扱いのワックスとは異なり、厚生労働省に登録された皮膚用化粧品です。専用の保湿ローションで毛を包みこんでからワックスを塗布するため、痛みが少ないのが特徴です。
お米を原料とした敏感肌用ワックスもございますので、7歳以上のお子様にも施術可能です。

アトピー・敏感肌でもできますか?

当店で使用するワックスは、厳選された素材を使用した、お顔、鼻の穴、目元などの敏感な部分や粘膜にも使用できる、お肌に優しいワックスです。お客様のお肌や毛の状態にあわせて、数種類のワックスから状態にあったものを選んで施術いたします
施術前にパッチテストも行いますのでご安心下さい。マツヤニアレルギーの方にもお使いいただける、お米が原料のワックスもございます。

どんな人におすすめですか?

お顔の産毛が気になるが、シェービングはしたくない方
毎日のひげ剃りに時間がかかる、剃刀負けをする、朝剃っても夕方には伸びてくる方
シェービングで自己処理すると、チクチクしてストッキングやタイツが伝線しやすい方
濃く太い毛、剃ってもすぐ伸びてくる毛を、細くやわらかくしたい方
光脱毛で反応しない産毛をなんとかしたい方
日焼け肌や白髪のため、光脱毛の処理方法が効果的ではない方
自己処理や摩擦による色素沈着や黒ずみをとりたい方
ブライダル、イベント、長期旅行にそなえたい方
(鎮静のため、予定日の一週間前くらいに施術されることをお勧めいたします)

施術できないことはありますか?

7歳以下のお子様
過敏症、接触性アレルギーの方
施術時にアトピー、アレルギー、湿疹、感染症などの皮膚疾患症状があらわれている方
日焼け直後の方
炎症にきび、生傷のある方
パッチテスト後、赤みが出る方
フォトフェイシャル、レーザー、ケミカルピーリングを1カ月以内にした方
そのほか、お客様のコンディションによっては施術できないことがあります。
カウンセリングは無料ですので、この他にもご心配な点がございましたらお気軽にご相談下さい。

タトゥーがあっても脱毛できますか?

タトゥー、刺青をして直後でなければ施術可能です。
ワックスにより毛を毛根から抜き取る脱毛法のため、レーザーや光脱毛と違って、タトゥーの部分も脱毛可能です。
タトゥーが薄くなることもございませんのでご安心ください。

ワックス脱毛と光脱毛、レーザー脱毛との違いはなんですか?

  • 施術前は

ワックス脱毛 毛は最低でも3~5mmのばしてから

光脱毛 脱毛部分を剃毛してから照射

レーザー 脱毛部分を剃毛してから照射

  • 施術方法

ワックス脱毛 ローションとオイルを塗布してから、数種類のワックスを部位や毛の長さに応じて使い分けます。ワックスを毛に絡ませて塗布し、はがすことで毛だけでなく色素沈着や古い角質なども取り去ります。

光脱毛 成長期の毛に”光”を当てることでダメージを与え、毛の再生力を抑制。威力が強く、医師免許を要するレーザー脱毛に対して、威力を抑えて扱いやすくしたものが光脱毛です。

レーザー 成長期の毛に”レーザー”を照射し、毛のメラニン色素に光を吸収させることで、毛の製造工場となる毛乳頭や皮脂腺開口部に熱的損傷を与える脱毛方法です。

  • 施術中の痛み

ワックス脱毛 一番最初の施術時は毛量や施術箇所により痛みを感じやすいですが、二回目以降から毛量が減り、毛が細くやわらかくなるため、徐々に痛みが和らいでいきます。

光脱毛 施術箇所により、照射の際に痛み、熱さを感じますが、レーザーより出力が弱いため、痛みは軽減されます。メラニンが濃い部分には反応が強く出るので、痛みを感じやすいようです。

レーザー 施術箇所により、照射のたびに強い痛みを感じることも。出力と痛み、効果は比例します。色素沈着が強く黒ずんだ箇所、小麦色の肌などには、痛みを避けるため出力をよわめて施術します。

  • どんな毛が取れるの?

ワックス脱毛 目に見えないほどの細かい産毛、細い毛、3mm以上の長さのある毛、スクラブの併用で埋もれ毛、金髪、白髪など光やレーザーが反応しない色の毛、毛のほかに色素沈着や古い角質も取れます。

光脱毛 成長期の毛(毛根に毛乳頭がついた状態の毛)のメラニン色素に反応します。

レーザー 成長期の毛(毛根に毛乳頭がついた状態の毛)のメラニン色素に反応します。

  • 効果の特徴は?

ワックス脱毛 TPOや目的にあわせた美肌脱毛

光脱毛 毛の再生力を抑制する

レーザー 半永久的な脱毛

  • 施術回数、期間は?

ワックス脱毛 最初の施術後から3週間くらいで毛が伸びてきます。また、あらたに生えてくる毛があるので、気になってきたら次の施術にお越し下さい。毛の量は回を重ねるごとに減り、毛の質も細くやわらかくなりますので、通い続けると全体的に毛が生えてきにくい状態になり、施術の間隔はあいていきます。また、いつもは毛がある状態にしておいて、イベントや目的にあわせて脱毛したりできるので、半永久脱毛をして取り返しがつかない、ということがありません。

光脱毛 毛周期にあわせた、長期間の施術が必要です。レーザー脱毛より威力が弱いため、その人の肌質や毛質、施術箇所やサロンによっても異なりますが、通常ですと2~3カ月に1回の頻度で2年程度になると思います。

レーザー 毛周期にあわせた、長期間の施術が必要です。施術の間隔が短いと毛が育ちきらず、細くまばらな状態では効果が薄いため、半年ほど間をあけて施術すると効果があがるようです。

  • 目に見える効果は?

ワックス脱毛  施術後すぐ、見た目、手触りともに効果を感じることができます。また、お顔への施術が可能なため、機械脱毛には反応しない、細かい毛も取れるので、パックなどの効果があがり、お化粧のノリも良くなります。

光脱毛 目に見えた効果がわかりにくく、効果がないとされることもありますが、効果を実感するためには時間がかかる方法です。剃毛したあとの施術になるため、脱毛後も手触りはザラザラします。

レーザー 光脱毛よりも期間は短くてすみますが、すべて脱毛できたと感じるまで、一か所につき間隔をあけて数回ずつ通院する必要があります。脱毛したあと数カ月は、部位により、毛の焦げたものが黒いポツポツとして残ります。

  • 脱毛箇所の違いは?

ワックス脱毛 お顔全体、デリケートゾーンであるVIOの粘膜部分も施術可能です。また、日焼け肌、色素沈着しているメラニンの濃い箇所にも施術できます。

光脱毛 Iラインの粘膜部分、色素沈着の強い部分、日焼け肌に施術できないケースがあります。一度に広い面積を施術するのが苦手です。

レーザー Iラインの粘膜部分、色素沈着の強い部分、日焼け肌に施術できないケースがあります。一度に広い面積を施術するのが苦手です。

  • 料金は?

ワックス脱毛 当店は都度ごとのお支払いで、記載の料金以外は追加料金など一切かかりません。回数券やセット契約、無理な勧誘はございません。

光脱毛 施術の特性上、複数回のセット料金がメイン。

レーザー 施術の特性上、複数回のセット料金がメイン。

PAGE TOP